雪の合掌造り集落

白川郷には、世界遺産の合掌造り集落があります。
1月14日、15日の2日間、3ヶ所の合掌造り集落の
雪景色を目一杯満喫してきました。

1番目は、白川郷I.Cすぐ近くにある最大規模の「萩町合掌造り集落」
2番目、3番目が、五箇山I.Cを下りたところにある、
「菅沼合掌造り集落」「相倉合掌造り集落」
いづれも規模と戸数は大きく違うものの、それぞれが
味わいのある雰囲気を持つ合掌造り集落です。

   白川郷で一番規模が大きく、いつも観光客でにぎわう
   萩町の合掌造り集落の全景を展望台から撮影しました。

    夜間のライトアップは残念ながら見る機会がなかったけれど
    昼間の集落の散策は、たいへん満喫できました。
 我が家の愛犬ラブラドール・レトリーバーの13歳を連れての1泊旅行でした。
このつららを見れば、この土地の冬の生活の厳しさが容易に想像できます。

   観光客の1人としては、このつららでオンザロックを作れば、
   どんなにうまかろうな・・・
   なんて不謹慎なことを考えながら写真を撮りました。 


     


   土地の人が降り積もった雪で 今年の干支の龍を作っていました。
  雪かきをしていた土地のおばあさんは、とても元気な82歳。
  うちのラブと仲良しになり、リードを持ってもらったところをパチリ。
   モトクロス・バイクの革ブーツが、今回とても役に立ちました。

   雪の上でも、まったくすべらないし、深い雪の中に、
   足をずっぽり踏み込んでもブーツの内側が濡れないので助かりました。
   うちのラブは、素足で雪の中を平気で歩き回っていました。

   ラブラドール・レトリーバーは、元来 漁師がとりこぼした魚を
   寒中の水の中へ飛び込んでとってくるように訓練された犬種だから
   これくらいの雪なんてへっちゃらなのです。
   むしろ、日本の夏の蒸し暑さの方が大の苦手のようです。
 
     合掌集落の雪景色が名残惜しいのか、うちの愛犬は
     展望台から集落全体を しばらくの間じっと眺めていました。
今回は、愛犬連れでしたので 犬も泊めてくれる宿を予約しておきました。
五箇山旅館 よしのや TEL 0763-67-3227
ご主人も奥さんも気さくで親切。 料理もおいしくいただきました。
白川郷の3つの世界遺産合掌造り集落を散策するには好都合の立地の宿でした。

 http://www.handicapped-dogs.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です