お客様の声 (宇田川様、東京都)

 我が家のブリタニー・スパニエルのサリーは、今年で15歳です。

サリーは頭を強く下方向に下げて歩きます。 気がついたら
元気な時のように頭を上にあげて歩くことが出来なくなっておりました。
後ろ足は 普段はクロスしてしまって まったく歩くことはできませんでした。

2011年8月に Walkin’ Wheels の後肢用の車椅子を購入しました。
車椅子に乗ると まるで歩いているかのように左右の足を動かしてくれます。

しかし、最近の2輪の車椅子での散歩はかなりきついものになりました。
首が下がらないように持ち上げると、強い旋回運動をするので
回る方向と逆にひっぱりながら前方にひっぱり、油断すると
ひっくり返ってしまうので 私もサリーも帰ってくるとへとへとになり
しばらく動けませんでした。
せっかくの車椅子の散歩も笑顔がお互い消えておりました。

2012年7月に、前肢用の補助輪キットを購入しました。
首を強くフロントバーにおしつけるので、フロントバーの
カバーの上からさらにタオルを巻き圧迫をやわらげてみました。

前肢も補助輪をつけたら 少しひっぱってあげるだけで よく動かしてくれます。
散歩中も 特に苦しそうではなく だんだん歩けることがわかってきたらしく
一生懸命歩いております。

4輪にしたおかげで 私もサリーも 本当に驚くほど楽に
散歩がまた出来るようになりました。
散歩の時間がまた 楽しくなりうれしいかぎりです。

それに、手を離しても ひっくり返ることなく立っていてくれることも
大きな驚きです。

何度も言わせていただき恐縮ですが
劇的に 驚くほど楽に 散歩が出来るようになりました。
これからの散歩が また たのしみになりました。

この思いを 今寝たきりでつらい想いをしている犬たちや飼い主さん方に
少しでもお伝え出来たら嬉しいと思います。

どうぞ、この4輪の車椅子の良さをもっと広げてください。
サリーのように幸せな日が送れる犬たちがもっともっと増えるように
私も広げていきます。
—————————————————————————–

宇田川さんのサリーは、ウォーキン・ホイールズ の愛犬用の車椅子
STD WW-300 に、前肢用の補助輪 FWE-1215 を付けています。

通常、 WW-300には、前肢用の補助輪 FWE-1417 を付けますが
サリーは、いつも頭を下げて前かがみになって歩くので FWE-1215 が
ちょうど良いサイズだったようです。 (らせん階段 木城)


オーダーメイドの必要のない愛犬の車椅子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です