獣医さん推奨のリハビリ・カート

今や、人間だけではなくペットにも高齢化が進んでいます。
7歳以上のわんちゃんを連れている飼い主さんの割合は
50%から60%に達するようになりました。

ペット先進国のアメリカでは、ペット専門のリハビリ施設を利用する
飼い主さんが、年々増加していると聞いています。
この傾向は、最近 日本でも見られるようになりました。

ペット専門のリハビリセンターでは、最先端技術を取り入れた
機能回復装置やトレーニング・プログラムが導入されています。
水流の速さがコントロールできる水槽の中で歩行訓練をする装置や
衰えたバランス感覚を回復させるためのバランスボールやボードなど
さまざまなリハビリ用具が装備されています。

中でも、近年 アメリカの獣医師の間でその効果が認められて推奨されて
いるのが、ウォーキンホイールズの車椅子です。  この車椅子は
前肢用のフロントホイールが後付け可能なので、後ろ肢の機能に問題がある
ペットだけでなく、前肢の機能にも問題があるペットにも有効な歩行補助具だからです。

rehab-cart-1

ウォーキンホイールズの車椅子は、飼い主さんの負担を最大限軽減することができて
ペットのリハビリにもすぐれた効果が期待できるということで、米国では獣医師推奨の
歩行補助具として話題になっています。
http://handicapped-dogs.jp/ww-std/std-8.htm#option-front-wheel-kit
rehab-cart

05-I-can-walk-E
オーダーメイド不要の愛犬の車椅子
http://www.handicapped-dogs.jp

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です