車椅子のまま、排尿、排便できます。

愛犬が歩けなくなった時、おしっこやうんちの介護は結構たいへんです。
体重が10kg以上ある愛犬の場合は、飼い主さんの腰への負担は相当なものです。
ウォーキンホイールズの車椅子は、装着したままで
愛犬にトイレをさせることができるのをご存じですか?


こちらのビデオをご覧ください。

ウォーキンホイールズの車椅子 詳細
http://handicapped-dogs.jp/index.html

我が家のラブラドール・レトリーバー(16歳、オス)は、数か月前から
車椅子でも歩けなくなり、とうとう寝たきり状態になってしまいました。
最近は、気晴らしに公園にベッドを持ち出して日陰で休憩させています。
老犬とは言え、体重が20kg以上あるので排便、排尿の介護の時は、
身体をささえてやるのに、二人かかりです。
へたすると、こちらの腰に大きな負担がかかりぎっくり腰になりそうです。
SN00245

それで、最近は後ろ肢用の車椅子に前肢用補助輪キットをつけて
四輪の車椅子にして、車椅子を装着したままトイレをさせています。
朝、晩の食事の時も四輪の車椅子に乗せて与えるようにしてからは
愛犬を抱きかかえる必要がないので、ずいぶん楽になりました。
SN00244
前肢用補助輪キットの詳細は、こちら
http://handicapped-dogs.jp/ww-std/std-8.htm#option-front-wheel-kit

愛犬のトイレの介護でお悩みでしたら、
是非、車椅子の利用をご検討ください。
愛犬にとっても、飼い主さんにとっても負担が想像以上に
楽になりますよ。

05-I-can-walk-E
歩けない愛犬のための車椅子
http://www.handicapped-dogs.jp

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です