レスキュー・ドッグ

マグニチュード 9.0 という未曾有の地震と津波が東北地方を襲いました。

あっという間に、すべてを壊滅状態にする津波のすさまじさ。
テレビで何度も流される映像を見ても、現実に起こった事とは
いまだに信じがたい、未曾有の規模の巨大津波でした。
被災者の皆様には、心よりお見舞い申し上げます。

今なお、安否不明の人々が1万人以上もいる中、
警察、消防、自衛隊が、生存者の探索をしていますが
棒やシャベルなんかではなく、もっとハイテクな探索装置
例えば、人体の体温感知装置、ファイバースコープ、
カメラ付き自走式ロボットカーなどをもっともっと繰り出すべきだと
思いますが・・・

災害救助犬の育成、利用なども今後 このような災害発生の時の
ために、もっと積極的に準備すべきことだと思います。

イタリアのある災害救助犬スクールのビデオです。
救助犬として優れているニューファンドランド犬の訓練模様です。

日本でも、このような救助犬の訓練スクールを公費で設立する動きに
なってくれれば、被災者の人命救助に一歩前進すると思うのですが・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です