やんちゃ坊主のジャック・ラッセル

18世紀の英国でキツネ狩用に最適な犬を生み出そうとしたのが
キツネ狩愛好家の牧師、ジョン・ラッセル氏でした。

かくして、馬にも付いて走れて、キツネの巣穴にもぐり、追い出すことが
できる犬種に改良されたのが、「ジャック・ラッセル・テリア」です。
名前は、ジョン・ラッセル牧師からの由来です。

好奇心旺盛で、繊細で気性が荒いところはテリアらしいところですが
何とも愛らしく、冒険好きのやんちゃ坊主という感じの小型犬です。
テレビや映画にもしばしば登場し、人気が急上昇したことのある犬種ですね。

ゆったり静かに暮らしたい人向きではない犬種ですが、
毎日、ハイテンパーで活動的に暮らしたい人には最適なパートナーに
なるに違いありません。

やんちゃ坊主のジャック・ラッセル” への1件のコメント

  1. ミニチュアダックスを飼っていますが、病院で椎間板ヘルニアと診断され手術を5月の連休明けに行いましたが、反応はあるものの3秒すら立つ事が出来ない姿を見ている事が辛いのです。毎日、朝晩2回のリハビリを欠かさずしているのですが、毎日ゲージの中での生活から車いすの助けを借りて外へ散歩へ連れて行きたいのですが、安く車いすを譲ってくださる方はいないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です