車椅子、ビフォー・アフター(2)

腰部分の麻痺症状のため歩くことができなくなった若き子犬、Chole は 部屋の中を移動するには、麻痺した下半身を引きずるしか仕方ありませんでした。

その不自由さから解放してくれたのが、ウォーキンホイールズの車椅子でした。
今では、以前のように自分で歩きまわることができるようになりました。

I-can-walk
歩けない愛犬のためのオーダーメイド不要の車椅子
  http://www.handicapped-dogs.jp

 

車椅子、ビフォー・アフター(1)

朝日放送のTV番組「大改造劇的ビフォー・アフター」は、住まいのリフォームを
取り上げた人気番組で私もよく視聴しますが、本当にリフォーム前とリフォーム後の
劇的変化には毎度驚かされます。

不幸にして歩行に障害を持つ愛犬をお持ちの方達がウォーキンホイールズの車椅子
購入された後、ほとんどの皆さんから車椅子の使用前と使用後の劇的な変化に驚いたと言うご意見、ご感想をお聞きします。

まだ、ウォーキンホイールズの車椅子をご存じない方には想像しがたいと思います。 是非、以下のビフォー・アフターの実際の映像をご覧ください。

不幸にも歩くことをあきらめざるを得なかったわんちゃん達が、もう一度自由に
走り回れるようになった様子にきっと感動されると思います。

05-I-can-walk-E
歩けない愛犬のための車椅子
http://www.handicapped-dogs.jp

 

車椅子、犬だけじゃないよ!

ウォーキンホイールズの車椅子は、歩行障害の愛犬のための有効な介助器具として多くの愛犬家の皆様から好評を頂戴しています。

ウォーキンホイールズの車椅子は、わんちゃんだけではなく他の動物にも
有効な介助器具として使われています。 例えば、山羊、バンビ、豚、羊、猫、キツネなどです。 YouTube に投稿された動画をご覧ください。

怪我や病気、または高齢のために歩くことをあきらめなければならなかった愛犬が、ウォーキンホイールズの車椅子でもう一度 自力で歩くことができるようになった喜びを綴った愛犬家のビデオレターをご覧ください。

I-can-walk
歩けない愛犬のための車椅子
http://www.handicapped-dogs.jp

 

ラナ、四輪車でセカンドライフ

重い病気で、寝たきり状態だったラナが、寄贈された車椅子(四輪仕様)で再び歩けるようになった経過を綴ったビデオです。 獣医師やリハビリセンターのスタッフ達の懸命な努力で、ラナは車椅子で再び歩くことができるようになってセカンドライフを楽しむことができるようになりました。

ウォーキンホイールズの車椅子は、「後ろ肢専用の車椅子」に必要に応じて「前肢用の補助輪」を装着して四輪の車椅子にできるようになっています。
http://handicapped-dogs.jp/ww-std/std.htm (後ろ肢専用車椅子)
http://handicapped-dogs.jp/ww-std/std-8.htm#option-front-wheel-kit (前肢用キット)

Front Leg Attachment-01
01-dog-00
オーダーメード不要の愛犬の車椅子
http://www.handicapped-dogs.jp

 

四輪仕様の犬用車椅子

愛犬に歩行障害の症状がみられるようになった時は、「後ろ肢」に問題がある場合が一般的です。 ですから、販売されている犬用車椅子のほとんどが後ろ肢専用の車椅子です。 前肢専用の車椅子を必要とするケースは、非常に特殊な場合と言えます。

また、多くの場合 歩行障害は「後ろ肢」から始まり、高齢になるにつれ「前肢」へも障害がみられるようになります。 その場合は、「後ろ肢」用の車椅子では対処できなくなります。 「前肢」もサポートするために、「四輪仕様」の車椅子が必要となります。

Walkin’ Wheels の車椅子は、「後ろ肢」用の車椅子に「前肢用補助輪キット」を追加することで簡単に「四輪仕様の車椅子」に変更できるように設計されています。

以下は、小型犬のパグ と 大型犬のゴールデン・レトリーバーが「四輪仕様の車椅子」を装着して歩行している動画ですのでご参照ください。


ウォーキンホイールズの車椅子の「四輪仕様車椅子」について詳細をお知りになりたい方は、らせん階段のウェブサイトの以下URLをクリックしてください。
http://handicapped-dogs.jp/ww-std/std-8.htm#option-front-wheel-kit

SN00197

オーダーメイド不要の車椅子
オーダーメイド不要の愛犬の車椅子
 http://www.handicapped-dogs.jp

 

ダックスフント、サミーの場合

現在 6歳半のサミー(ダックスフント)の後ろ足が動かせなくなったのは1年半前のことでした。
以来、獣医の指示通り、サミーをクレートの中に入れて運動を制限しながら、ステロイドや痛み止めの薬を投与し続けましたが回復の兆しはありませんでした。
幸い我が家の床はタイル貼りでしたのでサミーは器用に後ろ足をすべらせて体を移動させることができました。

そして、今から半年前の事でした。ウォーキンホイールズの車椅子のことを知りサミーのために車椅子を購入しました。 なんと、車椅子を装着して5分もたたないうちにサミーは走り出して、私が投げ与えたおやつに一目散に向かっていきました。
今では、散歩はサミーの楽しみの日課になっています。

以上は、HandicappedPets.com 社の Walkin’ Wheels を米国で購入したお客様が YouTube に投稿したビデオとコメントの引用です。

01-dog-00
http://www.handicapped-dogs.jp

愛犬専用 アンブレラ

雨の日に愛犬を散歩に連れて行く時 犬用のレインコートを着せていましたが
これって、その都度 2頭に着せるのが段々面倒くさくなって
とうとう「雨の日の散歩は、やーめた」となってしまいました。

そんな私のようななまけもの愛犬家のために、やってくれました。
フォルクスワーゲングループに属するチェコの自動車メーカー、シュコダの英国法人が、愛犬家のお出かけに便利なオプション(愛犬用の雨傘)を開発しました。

SN00326

さすが、自動車メーカーだけあって 自動車の後部ドアフレームの内側に
乗員用の傘と犬用の傘をスマートに収納できるようになっています。

SN00327
愛犬がご主人とおそろいのアンブレラで
雨の日に一緒に散歩できるなんて、なんだかおしゃれですね。

ちなみに、この傘は 4月1日、シュコダが発表した、上級セダンの『スペルブ』用の
オプション・アイテムで、その名も「ドッグ・アンブレラ」。

日本の自動車メーカーから、犬専用座席のオプションが販売されているのを
聴いたことがありますが、犬専用の雨傘と専用収納スペースまで装備した車には
一歩先を行かれてしまったようですね。

オーダーメイド不要の車椅子
オーダーメイド不要の愛犬の車椅子
  http://www.handicapped-dogs.jp

 

 

ペットショップで買う?

最近は、DIY ショップでもペット販売コーナーが普通に見受けられます。
たいてい、ペットフード・コーナーの奥の方にある小さなガラス窓付きの
箱の中に 最近流行の子犬や子猫が入れられています。

衛生管理の整ったところもありますが、排泄物がそのままになっている店も
あって、小さな箱に何日も何ヶ月も閉じ込められるペット達は悲惨です。
売れ残った子達は、特別セール。 それでも売れない場合は、殺処分。
それが日本の現状のようです。

海外ではペットはショップでの販売が禁止されていて、必ず保護施設で
貰い受けるように法律で決められている国が少なくないと聞いています。

ペットショップで動物を購入しないように啓蒙するアニメビデオが
あると聞きましたので、ここに紹介させてもらいます。


 タレントの杉本 彩さんが啓発目的で設立した公益財団法人「動物環境・福祉協会Eva」が、悪質なペットショップの裏側を描くアニメ動画「しあわせなおかいもの?」

オーダーメイド不要の車椅子
歩けない愛犬のための車椅子
 http://www.handicapped-dogs.jp