愛犬の車椅子つながり、完了!

先日 このブログにて、
京都市にお住まいの栗木さんの愛犬、コタロー君(享年 16歳)が使っていた
ウォーキンホイールズの車椅子(WW100)の譲り受け希望者を募集する
お知らせをしました。
http://handicapped-dogs.jp/blog/?m=20150511

SN00237
栗木さんの愛犬、故 コタロー君

——————————————————————————————————-

その後、まもなく 埼玉県狭山市にお住まいの田澤さんから譲り受け希望の
お申し出がありました。

「我が家のコーギー(ジロー 11歳)が神経の病気で後ろ肢が不自由に
 なってしまいました。 
 近所のご夫婦が木製の車椅子を作って持ってきてくださいましたが
 なかなかうまく歩けません。
 そんな時、インターネットで「車椅子の譲渡」の情報を拝見し
 もう一度ジローの歩く姿を見たいと、申し込ませていただきました。
 どうぞよろしくお願いします。」

そして、5月14日に 車椅子は、栗木さんから田澤さんへ無償で譲渡されました。
車椅子を譲り受けた田澤さんから、らせん階段へ次のようなメールが届きました。

「今朝 初めて使わせていただきました。
 ジローは、活き活きとしていました。
 本当にありがとうございました。」

SN00239
車椅子を譲り受けた、ジロー君(11歳)

本当に良かったですね。
ウォーキンホイールズの車椅子は、丈夫で長持ち そして
どんな体型の愛犬にもぴったりフィットするので
今回のように、「車椅子つながり」ができるのです。

また、ウォーキンホイールズの車椅子を譲りたい、譲り受けたいと
いうご希望がありましたら、お申し出ください。

01-dog-00
オーダーメイド不要の愛犬の車椅子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コーギー用の車椅子、お譲りします。

京都市在住の栗木さんのコタロー君(コーギーのMIX)は、
2010年12月(当時15歳)で、後ろ足の半月版を損傷しており
歩くことができず ほとんど寝たきり状態でした。
SN00237

栗木さんは、そんなコタロー君のために少しでも運動をさせたいと思い
ウォーキンホイールズの車椅子(WW100)を購入しました。

SN00236
老齢のため、呼吸が苦しそうで前肢の筋力も相当弱っていました。
それでも、栗木さんが車椅子をやさしく押してあげると
よちよち歩きができるようになりましたが、残念ながら翌年に
コタロー君は亡くなりました。

車椅子はそのまま使われず保管されていましたが
先日、栗木さんからお電話があり
「車椅子が欲しいという方がいらしたら、無償でお譲りしたい。」という
お申し出がありました。

WW100 は、後ろ肢の高さ(床から後ろ肢の付け根までの高さ)が
20cm~28cmで、体重9キロ以上のわんちゃんに使えます。
主に、コーギーのような体型の犬種にぴったりの車椅子です。
参照 → http://handicapped-dogs.jp/ww-std/std-2.htm

後ろ肢の高さがあわない場合は、別売りのホイールが
オプションで購入できますので、コーギーでなくても使うことが可能です。
http://handicapped-dogs.jp/ww-std/std-8.htm#opition-wheel-kit
hanto-01

車椅子は、無償ですが 送料は 譲り受け希望者の負担が条件です。
譲り受けを希望される方は、らせん階段にメールしてください。

メールの件名 車椅子の譲渡希望
メールの宛先 info@handicapped-dogs.jp
譲渡が成立次第、募集を終了させていただきます。

5月13日 午後1時 埼玉県の田澤様のコーギー(11歳)ジロー君に
譲渡が成立しましたので
今回の譲渡希望者の募集は終了しました。

05-I-can-walk-E
オーダーメイド不要の愛犬の車椅子
http://www.handicapped-dogs.jp

 

 

 

コーギー、四輪の車椅子でお散歩!

Wa標準的な体型のウェルシュ・コーギー・ペンブロークの体重は、8kg~14kg位で
後ろ肢の高さ(足の裏から後ろ肢の付け根までの垂直の高さ)は、18cm~28cm位。
ウォーキンホイールズの車椅子のSTDタイプ WW100 は、平均的なコーギーに
最適な車椅子ですので、日本でも数多く利用されています。
PIC-WW100-WelshCorgiPembroke
Walkin’ Wheels の車椅子に使用されている材質は、
航空機にも使われている軽くて丈夫なアルミ合金製。
フレームは、体重70kgの超大型犬にも対応しています。
http://handicapped-dogs.jp/ww-std/std-2.htm

後ろ肢だけでなく、前肢も弱ってきた場合は、
必要に応じて、「前肢用補助輪キット」が簡単に後付けできます。

WW100に、前肢用補助輪 FWE0611 を取り付けて
四輪車の車椅子にして散歩しているコーギーの動画をご覧ください。

商品の詳細、ご注文は、こちらへ

rehab-cart-1
歩けない愛犬のためのオーダーメイド不要の車椅子
http://www.handicapped-dogs.jp

オーダーメイド不要の愛犬の車椅子

愛犬が怪我や病気で歩けなくなった時、寝たきりにさせるのはよくありません。
1.ストレスがたまる
2.筋力が低下する
3.褥瘡(じょくそう)、いわゆる床ずれの発生

特に、褥瘡は 一日中寝たきりでいるとベッドとの接触局所で血行が不全となって、
周辺組織に壊死を起こす、とんでもなく恐ろしい症状を引き起こしてしまいます。

ですから、できるだけ寝たきりにさせないで運動をさせることが必要です。

ウォーキンホイールズの車椅子は、オーダーメイドの必要がないので
車椅子が欲しい時に、簡単に注文できて、すぐに入手できます。

14歳半のシェイナは、お散歩に行く時は
いつも、ウォーキンホイールズの車椅子を使っています。


WW300 装着(後ろ肢の高さ 38~46cm 対応)

ウォーキンホイールズの車椅子の詳細は、
http://www.handicapped-dogs.jp

05-I-can-walk-E

米国獣医師が推奨する犬用車椅子

病気や事故で歩けなくなった愛犬のために、車椅子の利用を検討されている
飼い主さんが最近特に増えています。 わんちゃんの高齢化も、その理由の
一つと言えるでしょう。

アメリカで開発された「ウォーキンホイールズの車椅子」
オーダーメイドの必要がなく「体重」と「後ろ肢の高さ」がわかれば
愛犬に最適な車椅子を即、手に入れることができます。

アメリカの獣医師が推奨する、ウォーキンホイールズの車椅子の
デモンストレーション・ビデオをご覧ください。

説明は英語ですが、動画を見ればどのようにして使うのか大体ご理解いただけます。

日本語版のビデオをご覧になりたい場合は、こちらをご覧ください。
http://handicapped-dogs.jp/ww-std/std-7.htm

05-I-can-walk-E

オーダーメイド不要の愛犬の車椅子

1分間でわかる愛犬の最新式車椅子

怪我や病気で歩くことができないケースだけでなく
愛犬の高齢化のため、足腰の機能が衰退してきたため
愛犬用の「車椅子」の需要が年々増えています。

インターネットで、犬用の車椅子をケンサクすると
Yahoo Japan で、約 399000件Google で 約 336000件
検索結果が表示されます。

この膨大な件数から愛犬に最適な車椅子を見つけるのは
想像するだけでも大変な労力を要します。

そんな時、
「1分間でわかる、最新式車椅子」の動画の参照をおすすめします。

愛犬に最適な、車椅子の条件とは?

1)面倒な複数個所の(愛犬の)採寸の必要がなく、すぐに購入できること
2)愛犬の体型にぴったりフィットして、しかも簡単に調整可能であること
3)過酷な使用に耐え得る丈夫さと、軽量コンパクトであること
4)少々の段差も乗り越え、未舗装道路でも安全に使えること
5)注文してから、待たされることなくすぐに受け取ることができること

270-4

ウォーキンホイールズの車椅子は、上記の条件をクリアする
最新式の車椅子として好評をいただいております。

詳細は、こちらのウェブサイトへ
 http://www.handicapped-dogs.jp
264-1
hdjp-02hdjp-02

 

 

 

 

 

Hayden , 車椅子で感謝のご対面!

Hayden (ジャーマンシェパード、10歳)は、 退行性脊髄症のため
2013年9月から、ウォーキンホイールズの車椅子を使用するようになりました。
それから、1年後の2014年 11月に 飼い主のTracy さんと
Handicappedpets.com 社の Nancy さんを訪ねてきました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
Nancy さんは、Hayden の Gurdian Angel (守護天使)として
なにかにつけ、 Hayden のためにサポートしてくれていたからでした。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
Handicappedpets.com 社のスタッフは、全員 優しい心の持ち主で
車椅子の事はもちろん、動物に関しての知識は豊富ですので
いつでも 適格なサポートをしてくれるので世界中の車椅子の
ユーザーにとって頼りがいのある人材なのです。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

Nancy は、handaicappedpets.com 社の車椅子の担当部長です。
ウォーキンホイールズの車椅子の取り扱い説明のビデオにも登場しています。
製品知識は非常に豊富で、私がわからないことがあれば いつも彼女に
助けてもらっています。

cart-4-large-dog
hdjp-02
オーダーメイド不要の愛犬の車椅子

 

2輪の車椅子を、4輪に バージョンアップ!

愛犬が病気や怪我をしたり、高齢になって歩けなくなる場合
後ろ肢に問題をかかえるケースがほとんどです。

事実、「前肢専用」の車椅子よりも「後ろ肢専用」の車椅子の
需要が圧倒的に多いのです。

junior-07122013-S

そして、後ろ肢の車椅子で再び歩くことができていた愛犬も
高齢になるにつれ、どうしても前肢も弱ってきます

そのような時、愛犬用の乳母車を購入して散歩につれていくしかないと
覚悟されている飼い主さんが少なくないかも知れません。

しかし、ウォーキンホイールズの車椅子なら 「後ろ肢専用」の車椅子に
簡単に後付けできる「前肢用補助輪キット」がオプション商品として
用意されています。

このオプション商品を、後ろ肢用の車椅子に取り付ければ
4輪の車椅子にバージョンアップすることが簡単にできます。
femina-FWE1518

「後ろ肢用」の車椅子に、簡単に後付けできる
「前肢用補助輪キット」の組立方法のデモンストレーション動画をご覧ください。

SN00193
「前肢用補助輪キット」の詳細をお知りになりたい方は
こちらのサイトへアクセスしてください。
http://handicapped-dogs.jp/ww-std/std-8.htm#option-front-wheel-kit

01-dog-00
オーダーメイドの必要のない愛犬の車椅子

コンボ・タイプの犬用ハーネス(2)

2015年1月25日にご紹介しましたコンボ・タイプの犬用ハーネスの第2話です。
初めて知る方のために、前回 ご紹介しました動画を掲載しておきますね。


このハーネスを、Facebookでもご紹介したところ、
結構な数のリーチと、10個の「いいね!」を頂戴しました。

これは、フロントとリアの両方のハーネスを1本のベルトで
簡単にジョイントすることができるようになっているので
重い体重の愛犬でも、安定して持ち上げることができます。

しかも、ウォーキンホイールズの車椅子に、簡単に取り付け可能な
新開発のコンボ・ハーネスなのです。

アメリカのメーカーから取り寄せたサンプルが先日 到着しましたので
早速、我が家の愛犬(16歳、ラブラドール)に装着してみました。
SN00199
フロントとリアのハーネスを同時に持つことができます。

SN00200
フロントとリアのハーネスで、愛犬をやさしく持ち上げることができます。

SN00201
装着した時のルックスも、結構 おしゃれな感じがします。
フロントとリアのハーネスは、背中のベルトでつながっています。

SN00204
フロント・ハーネスには、リードをひっかけるフックと
手でしっかりにぎることができる丈夫な持ち手がついています。

SN00202
コンボ・タイプのハーネスを、ウォーキンホイールズの車椅子に
取り付けてみました。

SN00203
ブルーの車椅子と一体化していて、とてもかっこいいと思いました。

コンボ・タイプのハーネスのサイズ構成は、以下の通り。
 SMALL
  MEDIAUM
  M/L
  LARGE
 XL

この商品、アメリカで販売されてまだ間がないので
もう少し、こちらでも見本品を使い込んでみて
改良の余地があるかないか、らせん階段でも
引き続きテストしてみたいと思っています。

01-dog-00
オーダーメイド不要の愛犬の車椅子

 

 

 

愛犬の車椅子、お譲りします。(成立済)

昨年の11月に、ウォーキンホイールズの車椅子を購入された伊藤様からの
ご依頼で、車椅子の譲渡先を探しています。  譲渡を希望される方は
どうぞ、お連絡ください。

———-  ここから ————

三重県の伊藤と申します。
愛娘 (チップ、ゴールデンレトリーバー、8歳10か月) は股関節形成不全の持病もち。
散歩時の足への負担を軽くするために車椅子を購入致しました。
ところが、商品到着後に他の病気が発覚。

後足がビッコをひくので、かかりつけ医で診察。
結果は「股関節の炎症」で、治療は鎮痛剤のみ。
それから2ケ月たっても症状は変わらず。

あまりにもおかしいので別の病院で診察したところが
「脾臓の血管肉腫」という癌であることが判明。
誤診により、2ケ月間も鎮痛剤の投与だけで、
治療する機会をロスしてしまったことが悔やまれてなりません。

12月24日のクリスマスイブの夜、
約1ヶ月の苦痛の闘病の末、永眠致しました。

愛娘との散歩を夢見て車椅子を組立は致しましたが
フロントハーネスを除き全くの未使用です。
フロントハーネス、別売りの後肢用ハーネスは、介護の際 本当に役立ちました。

らせん階段様にご相談したところ、
ご親切に譲渡の紹介をして頂けるとのご返事を頂きました。
本来であれば無償でのご提供とするところ、
当方年金生活者のため、大変心苦しいのですが 無償での譲渡ではございません。

ご希望が有れば、金額等ご相談の上でお譲りしたいと思います。

  形式等  1.WALKIN‘ WHEELS DOG CART  WW330
         但し、フロントハーネスだけは使用したので有りません。
       2.前肢用補助輪キット             FWE1417

—— ここまで ————

伊藤様の愛犬チップが元気だった時の写真
SN00194

譲渡を希望する車椅子(後ろ肢用)WW330
後ろ肢の高さ 36cm~43cm  体重 30kg ~70kg 対応
車輪のサイズ 直径 30cm
SN00192

前肢用補助輪キット FWE1417
( WW330 に取り付けて、4輪の車椅子にするためのキット)
SN00193

後ろ肢専用の車椅子(WW330)に、
前肢用補助輪キット(FWE1417)を取り付けると 下の写真のようになります。

SN00197

後ろ肢用の車椅子(WW330) だけ譲って欲しい方、
または、前肢用補助輪キット(FWE1417) だけ譲って欲しいという方、
あるいは、後ろ肢用と前肢用の両方を譲って欲しいという方がおられましたら
メールでご連絡ください。

メール宛先: info@handicapped-dogs.jp

らせん階段が仲介して、伊藤様にお伝えします。
譲渡希望は、先着順ですので譲渡先が決定次第、
ここでご紹介しました車椅子の譲渡先募集は終了いたします。

*******************************************************************
       2015年 2月26日 午後5時、譲渡が成立しました。
*******************************************************************
今回の車椅子(WW330) の譲渡先は、
浜松市在住の 杉本 忠博さんに決まりました。

前肢用の補助輪キット FWE1417の譲渡先は
今日現在、未決ですので欲しい方は
らせん階段まで、メールでご連絡ください。

 

05-I-can-walk-E
http://www.handicapped-dogs.jp
オーダーメード不要の車椅子