ミニカートの前肢用補助輪キット

体重9kg 以下の愛犬用の車椅子は、以下の2種類があります。
後ろ肢の高さ 8cm から 20cmの小型犬に使える後ろ肢用車椅子、
WW10B(ブルー)と WW10P(ピンク)です。
http://handicapped-dogs.jp/ww-mini/mini.htm
pic-minicart-blue pic-minicart-pink

老齢、事故、または DMのような病気の進行によって
前肢にも障害をもつ愛犬のために、新たに開発されたのが
後ろ肢用車椅子に、簡単に後付けできる「前肢用補助輪キット」です。
SN00113
点線で囲まれた部分が「前肢用補助輪キット」です。
高さは、8cm から 20cm の範囲で自由に調整ができます。
SN00114

組立は、いたって簡単です。

SN00111

後ろ肢用車椅子に、「前肢用補助輪キット」を取り付けて
四輪の車椅子にすることにより、前肢、後ろ肢が弱っていても
無理なく体を支えることができます。

装着時は、前後左右への歩行、および 360度の旋回が
楽に行えるようになります。

四輪の車椅子装着時でも、排尿、排便は可能です。

詳細は、以下のサイトへ
http://handicapped-dogs.jp/ww-mini/mini-6.htm#option-mini-frontwheel

ちなみに、体重9kg以上の愛犬用の「前肢用補助輪キット」は、
こちらのサイトへ
http://handicapped-dogs.jp/ww-std/std-8.htm#option-front-wheel-kit

 

01-dog-00

 

車椅子、おゆずりします。

福岡県春日市にお住まいの遠藤さんは、
愛犬のマックス君(アイリッシュセター)のために
ウォーキンホイールズの車椅子を今年の7月に購入されました。

遠藤さんから、車椅子の譲渡希望のメールを頂戴しましたので
このブログでご紹介させていただきます。

—— ここから ——————————————

7月に車椅子を購入した福岡の遠藤です。
その節はお世話になりました
車椅子が届いてから半月も経たない8月1日に
マックスは15歳で亡くなりました。

SN00101

車椅子の高さを調整して、今から練習しようとしていた矢先の事で
とても残念でなりません。
もっと早く車椅子の事を知っていれば、、と後悔が残ります。

残った車椅子をどうしようかと思っているのですが
どなたか使われる方がいればお譲りしたいと思うのですが、
木城さんのブログに載せていただけませんでしょうか?

前足用と後ろ足用両方あります。
別々にお譲りしても構いません。
送料だけ先方様にお願いします。
お手数おかけいたしますがよろしくお願い致します。

——– ここまで ———————————————-

遠藤さんが購入された車椅子は、
後ろ肢の高さ 43cm~51cmに対応する後ろ肢用車椅子 STD WW400
前肢用補助輪キットのFWE1720 です。

http://handicapped-dogs.jp/ww-std/std-3.htm
http://handicapped-dogs.jp/ww-std/std-8.htm#option-front-wheel-kit

SN00100

後ろ肢用の車椅子の高さが合わない場合は、
適合するホイールキットのみオプションで新品を購入することができます。
http://handicapped-dogs.jp/ww-std/std-8.htm#opition-wheel-kit

譲渡を希望される方は、下記宛先へメールしてください。

info@handicapped-dogs.jp

先着順で対応させていただきます。(9月11日   譲渡成立のため、募集終了)

cart-4-large-dog
handicapped-dogs.jp-2
オーダーメイド不要の愛犬の車椅子
 http://www.handicapped-dogs.jp

 

 

 

 

 

 

CBS News 車椅子が絆の少年と犬

交通事故で車にはねられた犬が、動物保護団体に救助されました。
犬の名前は、ラッキー。 後ろ肢の機能が麻痺して歩けなくなりました。

そんな ラッキーに車椅子が贈呈されて、もう一度歩けるように
なっただけでなく、新しい里親にもらわれていくことになりました

ラッキーの里親の家には、同じく下半身麻痺のため車椅子で生活する
16歳の少年、デービッドがいました。

デービッドとラッキーは、お互いの絆を深めて、共にニューライフをおくっている。
というハッピーエンドのニュースが、米国の CBS NEWS で報道されました。

ラッキーの車椅子は、ウォーキンホイールズの車椅子で 色はブルー。
デービッドの車椅子も偶然、ブルーでした。
よくマッチングしていますね。

01-dog-00
歩けない愛犬のための車椅子
http://www.handicapped-dogs.jp

 

iPhone で埋め込み動画が見られなくなった。

IT機器の日進月歩には、驚かされますが
OSがバージョンアップされることにより
使い勝手が以前より不便になることもあります。

例えば、Apple のPC やiPhone, iPad, iPod などの
デバイスの最新バージョンのOSにおいては
ホームページやブログに埋め込んだ動画の再生が
機能しなくなってしまいました。

Windows搭載のパソコンでは、ホームページやブログ上の
YouTubeの埋め込み動画が、問題なく再生できるのに
Apple のデバイスでは、埋め込み部分が空白になってしまいます。

今、このブログをApple のデバイスでご覧の皆さんには
下の「愛犬の車椅子」の埋め込み動画が表示されていないはずです。

※ 一度目は、画像が表示されて動画が再生出来る場合も
  あるようですが二度目以降は、空白になってしまいます。

Apple が Adobe Flash Player に対応していないことが原因の一つの
ようですが、それでも旧バージョンでは埋め込み動画を見ることができました。
OS 7にバージョンアップされてからは完全にアウトです。

Apple の iPhone, iPad のヘビーユーザーである私個人としても
この問題を早く解決してもらいたいと願っています。

junior-pic

 

お客様の声 (加藤様, 東京都)

先日、ウォーキンホイールズの車椅子をお使いのお客様からメールを頂戴しました。
愛犬のコーギーが15歳を目前に天国に召される前日の夕方まで、いつも通り車椅子で
散歩していたとお聞きして、とても感動してしまいました。

加藤様からのメールの全文をご本人のご了解を得て、ご紹介させていただきます。

◇/◆\◇/◆\◇/◆\◇/◆\◇/◆\◇/◆\◇/◆\◇/◆\◇\◆\◇

加藤 香代子と申します。コーギーのオスを飼っておりました。
貴社の車いすを購入してから2年半になります。
その半年後には前輪も購入いたしました。

彼は人間の病気のALSと同じように、後肢から次第に筋肉の力が衰え
排尿が自力でできなくなり、前肢も動かなくなり、首をあげていることすら
できなくなっていきました。
ですが、車いすのおかげで、毎日、朝夕の散歩は、雨にも負けず
風にも負けず続けることができました。

今年の3月、15歳を目前に、お彼岸の入りの夜中、
満月の月に向かって駆け上っていってしまいましたが、
その前日の夕方の散歩まで いつも通りにすることができました。

2年近くもお世話になった車いすの木城さまに一言お礼が申したくて
メールいたしました。 ありがとうございました。

写真を探しましたが、車いすを使っているものはほとんどありませんでした。
添付いたしましたものは、車いすデビューをした時のものです。
犬の名前は コギーです。(皆さんに エーッ と言われます(笑)。)オスです。

SN00097

まだ体にあっていないのがわかります。
それにすっごくきれい!!
2年も使ったので、 最後はタイヤもずいぶん傷んでおりました。

この子を連れて散歩していると、
「車いすをどこで買ったのか」と、何度も尋ねられましたので、
いつも貴社の電話番号等を書いたものを持って、散歩しておりました。

木城さまも愛犬を亡くされて、また老犬の看病もあってお疲れでしょうけれど
どうぞ車いすの必要な子たちのために頑張ってください。
私も、車いすのあったおかげで、面倒を最後まで看られたのだと思っています。

◇/◆\◇/◆\◇/◆\◇/◆\◇/◆\◇/◆\◇/◆\◇/◆\◇\◆\◇

はい、私(木城)もラブラドールレトリーバー2頭の内、1頭(12歳のメス)が
今年の3月26日に急性の肝臓の病気で亡くなってしまいました。

真っ黒い下痢をしだしてから、たった2週間で天国へ行ってしまいました。
火葬後、収骨したお骨は納骨せずに持ち帰り、自宅にて毎朝線香をあげて
位牌と写真に向かい「お早う。」とあいさつしています。

幸い、15歳(オス)の方は存命で、耳が聞こえず、足腰もよたよたですが
生来の負けず嫌いを発揮して、時々つまづきそうになりながらも
まだ自力でがんぱって歩いています。

15歳になった頃から認知症の症状もでてきた今日この頃ですが、
天国行きのバスにはまだまだ乗って もらいたくないと願いつつ
毎朝、強烈なハグをしつこいほどやっています。

CIMG48070
元気な頃の Junior ♂(左)と Hotaru  ♀ (右)

01-dog-00
歩けない愛犬のための車椅子

 

 

 

Walkin’ Wheels リフトハーネス

歩行に障害を持つ愛犬をサポートする時に、一般的に使われるのがハーネスです。
下半身をハーネスで吊り上げて体重を支えながら歩かせる介助具です。

短い距離の歩行には便利ですが、通常の散歩には飼い主さんの負担は
決して軽くありません。
中型犬や大型犬の場合など、飼い主さんの手、肩、腰への負担はたいへんです。

やっぱり、本格的な散歩の介助具としては ちゃんとした車椅子をお勧めします。
愛犬にとっても歩行が容易になりますし、飼い主さんの大きな負担がなくなります。

Walkin’ Wheels の車椅子を使えば、大型犬のジャーマンシェパードでも
こんな感じで散歩ができます。  飼い主さんは、リードを軽く持つだけ。

Walkin’ Wheels の車椅子なら、オプションの「リフトハーネス」を使えば
標準装備の「レッグリング」に代えて車椅子に簡単に取り付けできます。

ちょっとして近距離の移動の場合は、
車椅子からリフトハーネスをはずして、手持ちのリフトハーネスとして
使うことができるすぐれものです。

pic-rearharness-legring

00-new-rearharness-01

6dogs-in-cart-with-girl2.jpg
オーダーメイド不要の愛犬の車椅子  http://www.handicapped-dogs.jp

 

 

 

夏、車椅子で浜辺散歩を楽しもう!

SN00051

今日から 7月。  梅雨が明けたら 愛犬を連れて浜辺を散歩っていうのはいかが?

ウォーキンホイールズは、アルミ合金フレームなので海水に浸しても
錆びにくい車椅子です。 (使用後、海水は必ず水洗いしましょう。)

涼しい山や森で、キャンプもいいですね。

怪我や、病気、老齢で歩けなくなっても、車椅子があれば
再び歩けるようになります。  愛犬のストレスも緩和されます。
なんたって、寝たきりは 健康によくありません。

人間も愛犬も、「歩ける」、「走れる」っていう事は とても幸せなことなんです。

treadmill

banner-top
オーダーメイド不要の愛犬の車椅子 http://www.handicapped-dogs.jp

 

 

 

 

 

 

車椅子の注文って、難しい?

こんなお悩み、ありませんか?

「近頃、うちの愛犬も老齢で段々歩くのが難しくなってきたようだ。」

「いよいよ、車椅子のような介護用品が必要かな?」

「でも、車椅子の注文って、どうしたらいいんだろう?」

「最近は、インターネットで買えるらしいけれども、
 はたして、うちの愛犬の体型にあうのだろうか?」

「注文する前に、身体の何か所も測定するらしいけれど、
 獣医さんに測定してもらわないとだめなのかな?」

そこで、インターネットで「犬の車椅子」で検索していると、

「あっ、こんなの見つけた。」

オーダーメード不要の愛犬の車椅子
http://www.handicapped-dogs.jp

後ろ肢の高さだけ測定で、ぴったりの車椅子!
05-I-can-walk-E

「うちの愛犬にぴったりの車椅子が、見つかった。
 しかも、納期が早い!」(受注後24時間で発送)

このように、後ろ肢の高さを測るだけで
ジャスト・フィットの車椅子が入手可能ですが
ちょっとばかり、サイズが微妙な方は、
こちらをお読みください。

車椅子、サイズ選びのヒント
http://handicapped-dogs.jp/blog/?p=1479

cart-4-large-dog

hdjp-02

 

 

 

 

 

 

 

車椅子の譲渡先、決まりました。

植田さんの愛犬 リク君(コーギー12歳)が使っていた車椅子の譲り受け先が
決まりました。

東京都武蔵野市在住の峯村さんの愛犬 アスター君(ジャーマンシェパード、9歳)が
貰い受けることになりました。

後ろ肢の高さが 51センチ なので、ホイールだけは別に購入することで
コーギー用がシェパードでも使えるようになります。

6-21-2014-aster

他にも譲り受け希望の方がいらっしゃいましたが、先着順ということで
ご容赦願います。

また、今回のように車椅子をお譲りしたいというお申し出がありましたら
このブログで告知させていただきますのでよろしくお願いします。

05-I-can-walk-E
オーダーメイド不要の愛犬の車椅子
http://www.handicapped-dogs.jp

車椅子を欲しい方にお譲りします。

本日は、今 愛犬のために車椅子を必要としている方への緊急ニュースです。

愛犬 リク君(ウェルッシュコーギー、♂ 12歳)のために
ウォーキンホイールズの車椅子(WW100)を購入されたお客様から、
以下のようなお申し出のメールを頂戴しましたのでご紹介します。


らせん階段様              6月18日 2014年

ウオーキング・ホイールズ・ドッグカートを取り寄せました横浜の植田と申します。昨年10月に臀部の肉腫摘出手術をしたりで、後ろ足がおぼつかなくなっていたので
今年の 5月より13歳のコーギー犬に (車椅子を)使わせ始めました。

歩行はかなり難しく家の中では いざっていましたが日に何回か庭にセットして
犬の生活レベルを維持するのに とても役にたちました。
首のまわりにリンパ腫ができてしまい 昨日逝ってしまいましたが
2日前まで使いました。

最初、セットが面倒なのではと案じましたが(使い方が)解ってセットしてからは
何にも替えがたいほどありがたかったです。

わずか50日の使用で、ごみにしてしまうのはとても残念で中古でも利用したい
という方が おられましたら、送料のみでお譲りしたいと思うのですが
そういうシステムはありませんでしょうか。パーツは全部あります。


植田さんから送っていただいた、在りし日のリク君のスナップ写真です。
6182014_riku

植田さんが購入された車椅子は、体重9kg以上
後ろ肢の高さが 20cm~28cm 対応の後ろ肢用車椅子 WW100 です。
主に、コーギーのような体型の犬種に多く使われている車椅子です。
http://handicapped-dogs.jp/ww-std/std-3.htm

後ろ肢の高さが合わない場合は、
ホイールだけオプション商品として、らせん階段から購入することができます。
http://handicapped-dogs.jp/ww-std/std-8.htm#opition-wheel-kit

もしも、歩行困難な愛犬のために譲り受けたいという方がいらっしゃいましたら
是非 ご連絡ください。

連絡先: らせん階段 info@handicapped-dogs.jp

 

(編集後記)車椅子の譲渡先が決まりましたので、譲渡希望者募集は終了しました。
詳細 → http://handicapped-dogs.jp/blog/?p=1982

01-dog-00
オーダーメイド不要の愛犬の車椅子