ボン君、車椅子で東京散歩

ドイツでスパニエル種とジャーマン・ポインターを交配して作出されたラージ・ミュンスターレンダーは、厳しい自然環境の中でもハンターの役に立つ優秀な猟犬、番犬、護衛犬として大活躍している犬種との事です。

そのラージ・ミュンスターレンダーのボン君、15歳が歩行障害のためウォーキンホイールズの車椅子を使う事になりました。 ボン君は、体重30kg で後ろ肢の高さが51cm ですので、大型犬用のWW-500 を選択されました。

ボン君の車椅子お散歩デビューの動画を飼い主さんがYouTubeに投稿されて
いらっしゃいますので、ここにご紹介させていただきます。

車椅子を装着していても散歩中に排せつもできるので、ボン君の飼い主さんには
好評のようですね。 何よりも、私たちもボン君が再び颯爽と歩けるようになった様子を見ることができて大変嬉しく思います。 投稿ありがとうございました。

オーダーメード不要の愛犬ための車椅子
http://www.handicapped-dogs.jp