オーダーメイド不要の愛犬の車椅子

愛犬が怪我や病気で歩けなくなった時、寝たきりにさせるのはよくありません。
1.ストレスがたまる
2.筋力が低下する
3.褥瘡(じょくそう)、いわゆる床ずれの発生

特に、褥瘡は 一日中寝たきりでいるとベッドとの接触局所で血行が不全となって、
周辺組織に壊死を起こす、とんでもなく恐ろしい症状を引き起こしてしまいます。

ですから、できるだけ寝たきりにさせないで運動をさせることが必要です。

ウォーキンホイールズの車椅子は、オーダーメイドの必要がないので
車椅子が欲しい時に、簡単に注文できて、すぐに入手できます。

14歳半のシェイナは、お散歩に行く時は
いつも、ウォーキンホイールズの車椅子を使っています。


WW300 装着(後ろ肢の高さ 38~46cm 対応)

ウォーキンホイールズの車椅子の詳細は、
http://www.handicapped-dogs.jp

05-I-can-walk-E

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です